歯周病について

遺伝や感染

歯周病について 歯の周囲の組織に歯周病菌が感染すると歯周病になりますが、歯周病になりやすい人となりにくい人がいます。
歯周病になりにくい人とは、最近に対する抵抗力がある人や歯磨きをしっかりと毎日している人です。

反対になりやすい人は、適当な歯磨きをしている人や、自身にあった歯磨きの方法ができておらず歯垢が溜まっている人です。

歯周病に遺伝は関係していません。
歯周病は、歯周病菌に感染することで引き起こされるので、誰もが歯周病菌を持っているわけではありません。
ただし、歯周病を防ぐ抵抗力や歯の構造などは遺伝とも関係しています。
しかし、生活習慣は家族で似てくることがあります。
例えば、歯磨きを最初に教えるのは両親だと思います。
その教え方がしっかりしておらず、丁寧に磨くことをしないと歯周病になってしまう可能性があります。
また、おやつなどに甘いものをよく出す過程であれば、虫歯になる可能性も高くなります。
そのため、悪い生活習慣は家族みんなで治すようにしましょう。
歯周病は予防をしておけば怖い病気ではありません。
しかし、日本人で歯周病になる人が多いのは、歯に対する意識が低い人が多いからです。

歯周病は、個人のみの病気ではなく感染症です。

つまり、人にうつる可能性もあります。
例えば、同じコップで回し飲みをしたり、キスをしたりすると歯周病菌がうつる可能性があります。
しかし、歯周病菌はとても弱い感染力なので、普通の抵抗力を上回ることはほとんどありません。
ただし、体調不良なので、免疫力が低下している時であれば注意しましょう。
歯周病をうつさないためには、歯垢を貯めないことが重要です。

つまり、口の中を常に清潔に保ちましょう。
また、相手も清潔をキープしておかなければいけません。
家族で歯周病がうつる場合は、似ている生活習慣が関係していることが多いです。

例えば、夜食をよく食べるのに歯磨きをせずに寝てしまうことが多いなど、口の中に最近が充満している状態になってしまいます。
歯周病に対する抵抗力が家族で失われていると、感染力も高まってしまうので家族で歯周病になってしまいます。
感染力が低下すれば、歯周病菌がうつる可能性も低くなります。
また、重要なことは抵抗力を高めておくことです。

寝不足など不規則な生活が続いていると、抵抗力が失われてしまいます。
歯周病だけでなく、口臭などにも影響します。
歯周病に気づいたら、歯科医院で治療してもらうようにしましょう。

サイトリンク

Copyright (C)2022歯周病について.All rights reserved.