歯周病について

様々なデンタルケアグッズ

歯周病について 最近では、様々なデンタルケアグッズが販売されています。
歯磨きだけでなく、デンタルケアグッズを併用することで、効果的に口内環境を整えることが可能です。

一番身近な物は、歯周病対応の歯磨き粉です。

既存の歯磨き粉から替えるだけなので、誰でも自然と取り組めるでしょう。
デンタルフロスは歯科医でも勧められています。
持ち手がある糸ようじタイプと、糸だけがメジャーのように巻かれているタイプと2種類があります。
誰でも簡単に使用できるのは糸ようじタイプですが、歯科医院では後者を勧めることが多いです。

糸だけのタイプはコツが要り、初心者には難しいですが、どの位置の歯にも使いやすいです。

滑りやすくするために、ワックスが塗られているタイプもあります。
デンタルリンスやマウスウォッシュとも呼ばれる洗口液も効果的です。

口の中に少量を含んですすぐもので、液体のため口全体を洗うことが可能です。

歯磨き代わりに使用している人も多いようですが、歯垢をしっかりと落とすためには歯磨きとの併用がオススメです。

歯垢に反応して、色を付ける薬剤の歯垢染色剤もあります。
以前は色落ちがわるく、人前に出るときに気になるデメリットがある商品もありましたが、最近ではそれも改善されています。
歯磨き粉としても使え、色がついた部分をそのまま磨けるものもあります。
磨き残しが歯周病の一番の原因となるので、月に一度を目安に定期的にチェックするといいでしょう。
ドラッグストアやスーパーマーケット、ネットショップなどで気軽にデンタルケアグッズを購入することが可能です。

デンタルケアグッズ専門店もあるので、まとめ買いをしても良いでしょう。
噛むことは、消化をよくしたり、顎を強くしたりすることに繋がると聞いたことがある人も多いでしょう。
しかし、それだけではなく、噛むことは歯周病予防にもなります。
その一番の理由は、噛むと唾液が分泌されやすくなることです。

唾液は、口の中の食べ物を柔らかくして消化を助けたり、口内の湿度を保ったりなど様々な作用があります。
その作用の中で歯周病予防につながるものは、虫歯の原因の酸を中和したり、歯を再石灰かさせたりすることです。

初期の歯周病ならば、再石灰化作用で回復することも可能です。

一口の噛む目安は、20~30回とされていますが、意識をするだけでも効果はあるでしょう。
歯周病の予防だけでなく、体にもいいことなので噛む週刊を身につけていきましょう。

サイトリンク

Copyright (C)2022歯周病について.All rights reserved.